フリーランス 1.5倍

フリーランスの年収を1.5倍以上アップさせるランキング

フリーランスエンジニアとは会社員より1.5倍〜2倍もの年収をもらうことが普通だと言われるけれど「信じられない」と思う人が多いです。
でもそれは本当のことで、フリーランスの平均年収は800万円ぐらいは多くのエージェントが語ることです。
そして8桁、年収1000万円以上のフリーランスもざらにいるのです。

フリーランスの収入は1.5倍と何故そんなに高収入かというと、端的にそれだけエンジニアが不足しているのです。
仕事はいっぱいありますから、高単価の案件をすれば当然高額報酬になります。
ですから、会社員の時よりフリーランスの収入は1.5倍は当たり前のようになります。

 

ただフリーランスの心配は仕事があるかに尽きるのはないでしょうか?
正社員は仕事はなくても給料をもらえますが、フリーランスは仕事をしなければ無収入になります。

 

でも、現在はそのフリーランスの悩みを解消できる嬉しい仕組みが揃っています。
一つは、多くのフリーランスエンジニア専門斡旋エージェントがいて、多様なスキルや報酬額の仕事を紹介してくれるのです。
ですからよほど強くより好みをしなければ、仕事に困ることはまずないと思って大丈夫です。

 

さらに、もう1つはmidworksなど一部の会社では、給料保証や年金の半額負担などの正社員並みサポートを提供しているのです。

 

もしそれでも不安でしたら、転職するのではなく副業としてフリーランスとして働くというのはどうでしょうか?
1.5倍の収入というのはとりあえずおいといて、週末の土日など週に2日だけをフリーランスとして働くというのも、エージェントによっては可能なのです。

長谷部さん (32歳男性) の感想から
Midworksに参画して2ヶ月目です。 週2のリモート案件なので、本業にも差し支えない程度に仕事ができています。

 

あなたが今の給料で満足していないのだったら、まず一度エージェントに登録をしてみてみましょう。
どれほど高くあなたのスキルが売れるかを見られるのでお勧めします。

 

 

フリーランスエンジニアの年収を1.5倍〜2倍にするためのエージェントのランキングを紹介します。

フリーランス斡旋エージェントの最新ランキング|管理人おすすめ10選

Midworks

正社員並みの境遇を!

フリーランスエンジニアでも社員同等の保証を受けられるという画期的なサポートを誇るmidworksです。

もちろんフリーランスですから1.5倍以上の収入を得られる仕事を紹介してくれますが、それだけではなく働き方も週2, 3日という案件も紹介してくれ、現在の仕事はそのままで副業でまず働いてみるということも可能です。

評価 評価5
ポイント1 正社員並みの安定性を実現してくれる「仕事がない時には報酬の8割をもらえる給与保証制度」がある。
ポイント2 週2日という副業にも向いている案件も紹介してくれる。
ポイント3 交通費を月3万円まで支給、書籍や勉強会の費用を月1万円まで、さらに社会保険料も正社員と同様に半額負担してくれると福利厚生が非常に充実しています。
弱点 関東だけの案件を扱っている
レバテック

豊富な案件と高い単価

業界最大級の案件数を保有しているレバテックですから、きっとあなたのスキルやレベルにぴったりマッチする案件を見つけることができます。マッチした案件をすることで、お仕事を満足度もあがりモチベーションも高まり、またフリーランスになれば1.5倍の収入アップへとつなげます。

単価100万円以上という高額案件も多数を用意しています。

評価 評価4
ポイント1 独自案件で発注額が高い
ポイント2 エージェントのエンジニア理解が深く、週3日という案件もあります
ポイント3 各種手続きも代行致します
弱点 (在宅)リモートOKの案件はあまり多くないです。そして合った案件がない時は収入がなくなります。
geechs job(ギークスジョブ)

圧倒的な高単価フリーランス案件

geechs job(ギークスジョブ)は取引社数3,000社、登録者数15,000人と、フリーランス斡旋エージェントの中でもトップクラスの案件を保有しています。そして高単価の案件が非常に多いですから、平均年収800万円以上を実現しています。

また、案件の決定率が90%を超えていることもギークスジョブの豊富な案件ですからできることです。

評価 評価4
ポイント1 非公開の案件も多く、高単価な案件も豊富で、案件に困ることはありません
ポイント2 15年以上の長い実績も誇り、支援が行き届いています。
ポイント3 個別説明会は平日の10:00〜20:30まで受け付けていますから仕事帰りに参加できます。
弱点 在宅作業が可能な案件は少ないです。合った案件がなければ無収入になります。
FUTURIZM(フューチャリズム)

エンジニアの継続率はなんと98%!

フューチャリズムでは「高額報酬とスキルアップの両方を実現」をコンセプトに、エンジニアのスキルアップに繋がるフリーランス案件を多数保有しています。

無料キャリア面談にお気軽の申し込んで、希望にあった案件の紹介をしてもらいましょう。安心して仕事に集中できる、充実のサポート体制も魅力です。

評価 評価4
ポイント1 キャリアビジョン優先型の優良案件だけを紹介します。またエンジニアのキャリア変更もサポートします。
ポイント2 スキルアップもしながら高額報酬をいただけます。実現率は89%以上です。
ポイント3 最短15日での報酬支払をします。
弱点 求人数がやや少なめです。
ワークシップエージェント

週3日などもあるフリーランス案件

ワークシップエージェントでの紹介案件は『プロジェクト単位』で携わるものばかりですから、高度なスキル・実績をもつフリーランス向けの1.5倍以上の収入アップするようなお仕事に特化しています。

週3日などフレキシブルに働ける案件や土日や勤務時間終了後から働けるという案件もあるので、正社員で働いている人の副業を探すのにも適したエージェントです。

評価 評価4
ポイント1 上流工程から携われるハイスキル人材が思う存分力を発揮できる案件を用意しています。またフレキシブルな案件もあります。
ポイント2 専属エージェントがプロジェクトの条件交渉や契約調整をサポートします。
ポイント3 クラウド会計支援「freee」を無料提供します
弱点 必ずオンラインで面談が必要です
ポテパンフリーランス

月収100万円超も多数!

ポテパンフリーランスのエージェントは、自身がエンジニアですから、フリーランスになりたてのエンジニアに向けた案件紹介サービスも得意としています。

エージェントは技術に対して明るく、フリーエンジニアが持っているスキルや経験、今後のキャリアまで、より深いところまで相談することが出来ます。

評価 評価4
ポイント1 非公開の案件も多く、エンド直・元請け案件も豊富です。
ポイント2 フリーランスで1.5倍以上にになる収入のことで税金や保険の面で不安だという方にも、手続きのサポート等、親身に相談に乗ってくれます。
ポイント3 関西エリアもサポート対象です。
弱点 週2日とか副業を考えているのなら不向きです
BTCエージェント

専属コンサルタントが徹底的にフォローします

BTCエージェントは、特に高額の業務システム案件を多く保有しています。

専任のコンサルタントもつき、エンジニアのサポート体制もしっかりしているので、キャリアプランを相談するのにも適したエージェントです。

 

フリーランスになったら1.5倍〜2倍の収入になりましょう!

評価 評価3.5
ポイント1 WEBでは紹介できない独自案件や非公開案件も多数あります!
ポイント2 元請(1次)案件等、商流上優位な案件を多く取り揃え、エージェント専門性の高いハイクラス案件をご紹介しています。
ポイント3 短期の案件が少なく、長期的にしっかり取り組める案件が多い
弱点 案件を紹介する為だけに集中するのでサポートは弱いです
PE-BANK(ピーイーバンク)

全国主要9都市対応

PE-BANK(ピーイーバンク)は1989年にIT個人事業主の協同組合として設立した、約30年の歴史があるフリーランスエンジニアをサポートする日本最大級の企業です。

取引企業数:約1,000社 案件数:50,000件以上も抱えていて、関東エリアの場合平均年収は800万円を超えています。

評価 評価3.5
ポイント1 東京、北海道、東北、中部、関西、京都、岡山、広島、九州と全国9エリアに拠点を持っているので、地方在住の方でも安心して利用することができます。
ポイント2 健康診断補助やメンタルヘルスケアなど、福利厚生も充実しています。
ポイント3 情報処理技術者試験など一部試験は受講料は全額補助、技術系セミナー受講料の補助もあります。
弱点 案件は玉石混交のところがあります。
High-Performer(ハイパフォーマー)

業界最速水準の翌月15日に報酬支払

High-Performer(ハイパフォーマー)は知名度は高くないけれど、13年以上のフリーランス案件紹介サービスの実績があり、7000名以上の登録者を抱えています。

案件も上流工程が豊富なので高い報酬を実現して、フリーランスに年収が1.5倍から2倍が望めます。

評価 評価3
ポイント1 非公開も多数あります。
ポイント2 経験が豊富なコーディネーターが、最適な案件をマッチングしてくれます。
ポイント3 直請けプライムベンダー率は93%!
弱点 在宅作業や週2の案件はないようです
エミリー社

圧倒的な高単価フリーランス案件

エミリー・エンジニアでは、エンジニア専任の担当者が企業側へのヒアリングや交渉なども行います。

ですから、スキルや希望などのミスマッチが起こりにくい運用体制で、手持ちに希望に合う案件がなければ、あなたのために探しに行き最適な案件を紹介します!
フリーランスの年収も1.5倍、2倍、3倍となる人も多いです。

評価 評価3
ポイント1 専任担当がフォローするので、もしもの時の安心保障
ポイント2 プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会のベネフィットプランの年間費用を全額負担
ポイント3 多様な登録情報の中から、スキルや条件に合った案件を紹介しますから、平均年収は819万円。
弱点 案件の数はそれほどではないです

 

フリーランス斡旋エージェントMidworksの口コミでの評判

 

Midworksで独立して半年たって、スキルと年収が大幅に上がりました。

 

Midworksに参画して半年です。現在は正社員時代と同じ事業で運用開発をしています。 新しい言語にチャレンジしたく今の環境に飛び込んだので毎日が勉強ですね。 最近では、フロントエンド開発にも手を伸ばし着実にスキルの幅も上がって、収入も1.5倍くらいにきています。

相馬さん (28歳男性) Web開発・Rubyエンジニア・常駐

 

 

本業にプラス副業で着実に年収をあげています。参画者同士での飲み会で情報交換もしています。

 

Midworksに参画してからまだ2ヶ月目です。 週2のリモート案件なので、本業にも差し支えない程度の副業ができています。 1月に一度の飲み会も開いてくれるので、Midworksに参画している他の方と情報交換ができるのも楽しいです。 今後はもっと案件を増やしてフリーランスは1.5倍の収入にいきたいですね。

長谷部さん (32歳男性) フロントエンド・週2でMidworks・リモート

 

 

週3の案件という提案をしてくれて、子育て中の私でも仕事ができるようになりました。

 

現在はまだ3週間です。 Midworksはエンジニア向けのサービスかと思っていましたが、デザイナーの案件もあるようなので応募してみました。 そうしたらコンサルタントの方が、私が子育てをしていることも考慮してくれて、 あまりハードではない週に3日でできるお仕事を提案してくれました。

桃井さん (26歳女性) UIデザイン・週3でMidworks・リモート

管理人イチオシのMidworksとは

フリーランスエンジニアに1.5倍〜2倍の年収を実現するために必須なエージェントのランキングを紹介しましたが
何故、私がMidworksを第1位として紹介したを簡単にお話します。

 

Midworksを最初にお勧めする理由

フリーランス斡旋エージェントはこのサイトで取り上げただけでも10社ありますが、どのエージェントも年収UPを言ってます。

 

つまりフリーランスなら1.5倍とか1000万円以上の年収というのは当然のことであって、それよりフリーランスが気にしているのは、仕事が切れないことです。

 

多くのエージェントは案件数が豊富なことを謳っていますが、それは大事ですが、どんなに案件があっても自分に合った案件があるとは限りません。
その時には、一旦無職の状態になります。それが正社員とフリーランスとの大きな差です。

 

それを最大限に差を縮めているのがMidworksです。

 

具体的には

  • 案件の受注ができなくても、給与の80%を保証します。(正社員とほぼ同等)
  • 交通費を3万円まで保証します。(正社員と同等です)
  • 書籍・勉強会費用を月1万円を保証します。(正社員と同等か、それ以上です)
  • 社会保険の半額負担をしています。(正社員と同等です)
  • 日本でトップの福利厚生制度(年間30万円相当)を受けることができます。(業界最大手のリロクラブと提携しています)
  • クラウド会計ソフトfreeeを無料で提供しています。
  • 顧問税理士を50%OFFの料金で紹介します。

と、いかに正社員のような身分保障された環境でフリーランスとして働き1.5倍以上の収入が可能なのがわかると思います。

 

 

さらに、最初からフリーランスになるという危険を冒さず、まずは副業としての仕事をすることも可能なのです。
Midworksで週2日に仕事で週末に働くという案件も紹介しています。

 

 

Midworksの魅力

 

Midworksは、フリーランス初心者には上にあげたとおり正社員に準じる福利厚生や給与の保証がありお勧めしますが、それだけではありません。

 

最新技術の案件でスキルアップを目指せる

エンジニアであれば必須なのはわかっていても、なかなか今の仕事がJavaなど枯れた技術のよることが多くて、最新技術を取り入れていることは少ないから、世の中の進歩に遅れる不安がありませんか?

 

Midworksの場合は、意識的に最新技術を採用している企業の案件を重点的に抱えています。それはMidwroksを運営しているBranding Engineerは最初からWeb系の企業とつながりが深いために、技術の進歩が一番起こるインターネット関連の企業からの案件を多く紹介されるからです。

 

ですから、業務で最新技術を使うから否応なしにそれを身につけることができます。

 

案件の単価とマージン率を公開しています

下請けに元の単価を教えないのが常識ですね。どれだけの金額を中抜きされているかを知られると、やりづらいのでしょう。

 

フリーランスは下請けではないけれど、間に入っているエージェントはマージンを取って紹介をしていますから、フリーランスがもらう報酬は、クライアント企業の払う金額からマージンを引いた額になります。しかし、その金額を公表したり、マージン率を教えてくれたりはなかなかしません。

 

しかしMidworksの場合はエージェントがいくらでその案件を出しているかを公表します。そしてマージン率が10%〜15%であることも明らかにしています。

 

つまり、月80万円の案件だったら、68万円〜72万円がエンジニアの手には入ります。大手のエージェントのかなりの会社は、30%〜35%もマージンを取っていますから、えらい違いがあります。

 

さらに中小エージェントの場合は、もっとひどいところもあります。

 

中には良心的な大手エージェントで、Midworksよりさらに(少しですが)マージン率が低い所もありますが、その分福利厚生やエージェントの面倒見が良くないという欠点があります。ですから、何年かフリーランスエンジニアとして経験を積んだのだったら、そういうエージェントも良いと思いますが、最初の1年や2年はMidworksの魅力は大きいですね。

 

案件の紹介がスピーディーです

大手のエージェントで案件をいっぱい抱えているのですが、紹介が1週間も2週間もかかる所もあります。紹介をしやすいエンジニアであれば、簡単に紹介してくれるでしょうけど、条件や希望をいろいろ言うと、案件を探すのが面倒になるのか、遅い会社もあります。

 

しかしMidworksの営業はいつも登録企業を周って、いろいろな案件を探してくれるのでしょう。週3日とかリモートとか難しい案件でも、かなり希望に合った案件を紹介をしてくれます。簡単な案件ならその日のうちに、難しい案件でも1週間以内には紹介されることが多いです。それも、1つでなく複数の案件を紹介されることもあります。

 

Midworksのデメリットは?

 

関東周辺の案件が中心である

Midworksの弱点は、ずばり東京周辺の関東だけの案件を扱っていることです。
後は大阪・京都など関西と名古屋の案件もありますが、数のうえでは数パーセントと少ないです。

 

在宅勤務を選ぶのならば、それは問題になりませんが、客先常駐などの案件を選ぶのならば、当然フリーランスも東京から遠くない所に住んでいなければなりませんん。

 

単価が最高とは言えない

クライアント企業からオファーされた案件の金額と、Midworks社の取るマージンの率を正直に公開しています。

 

多くのエージェントでは非公開なので、これはすごいことなのですが、もちろんマージン率も10%〜15%と低いですが、midworksは給与保証や社会保障などのサポートをしっかりやっていますから、若干ですが単価は低くなっています。

 

正社員並みの保証をする元資金がマージンから出していますから、それが嫌だ(正社員並みの保証は不要だ)というのなら、フリーランスになって最初の1年とかはMidworksで経験を積んで、それから他の(良心的なマージンの)大手エージェントで、さらに高い単価をもらうようにしたらいいと思います。

 

エンジニア未経験者の場合には紹介するのが難しい!

これはMidworksに限らないことですが、エンジニア未経験の方が、給与が高いからとそのままフリーランスのエンジニアになりたいという人には案件の紹介に困ります。

 

ただし、エンジニアにはなっていなくても(実務経験が無くても)、個人でプログラミングを学習してwebサイトやアプリを作ったりしていれば、紹介してもらえる可能性もあるようです。

 

ですから、まずプログラミングスクールに通って勉強することを先にすることをお勧めします。

 

フリーランス斡旋エージェントに登録するのならば3社ぐらいはお勧めします

フリーランス斡旋エージェントに登録するのは会社に就職するのと違って、いくつも登録をしても問題はありません

 

いくら良いエージェントでも、必ずしも自分に合った案件を持っているとは限りません
ですから、複数のエージェントに登録することで、より良い案件を、より早く見つけられる可能性が高まりますから3社ぐらいは登録することを強くお勧めします。それがフリーランスの場合収入を1.5倍や2倍にするため必要なことです。

 

また何社か登録することで、自分のスキルがいくらと評価されているかもより正確にわかります。

 

ただし、とりあえず3社、あるいは多くても5社ぐらいにしておいた方が無難です。

 

登録すれば、とうせんエージェントから連絡をしてきます。
もし、明日いきなり10社から連絡をもらったら、適切に対処できるでしょうか?

 

3社から5社ぐらいなら、それぞれの会社も違いも落ち着いて見られるでしょう。
それで、自分に合った会社が1社か2社ぐらいしかなかったのだったら
また他の会社に登録して、連絡をもらいましょう。

 

そうして、自分が望む仕事を斡旋してくれるエージェントを3社ぐらい持っていれば
「仕事がない」というフリーランスが最も恐れる事態になることは
ほとんどないと思いますから、フリーランスライフを楽しんでください。

 

まずは登録するのなら1位推しのエージェントはこちらです。

 

 

登録をして、1.5倍や2倍の収入を得ましょう。それがフリーランスの権利です!